米国型モーガルを作る(6)8350という機関車

  やはり風邪をひいたようです。まあ、すぐになおるでしょう。

  そういうわけで、モーガル競作の8350の設計です。結果的には失敗ですが、概要は掴めました。実は8550タイプの簡易キットを利用して、8350に改造出来ないかという目論見でした。スタイルはまとまりましたが、動輪間が間延びしてしまい、我慢出来ません。やはり新製します。軸距離が1ミリずつ2ミリ違うだけなのですが、微妙なものです。プロトタイプはBLWの地味なモーガルで恐らくまだ誰も手がけていないだろうと思ってます。煙突、ドーム類はエコーさんのロストでドンピシャなので、手抜きで作れないかと思いましたが、現実は甘く無い。ま、フレームも中抜き等せず、簡略化して作りますよ。テンダー台車は8100用があるし、テンダーはフレアではないので簡単そう・・・。

f:id:konno_sendai:20200121012504j:plain

  あ、8550タイプのコンロッドの設計も終わりました。

  そういうことで、小雨だしジョギングは今日まで休みます。

  でも工作しないと寂しいので16番のローラー運転台を10台組みました。

f:id:konno_sendai:20200121012626j:plain

  これからも、空き時間に組みます。多分、今回の生産で今年はもう作れないでしょう。尚、12ミリや13ミリのローラー運転台はカスタムで作れますので、どうぞご注文ください。16番と9mmはナローガレージさんに卸します。旧タイプの運転台は銀座軽便さんに卸します。

あれ?風邪かな?

  朝からくしゃみ、鼻水、鼻づまり。まあ◯◯は風邪を引かないと高をくくっていましたが、鼻風邪みたい。それでも同人誌の原稿書きといろいろやりましたが、結局サイドロッドの作図で今日はおしまいです。やはりエンド部分は10倍図が楽です。ロッドピンの孔は1.8ですが、この寸法は2倍図でも難しいですから。来週土曜日にロッドのカットのオーダーをするので、その為の準備なのです。

f:id:konno_sendai:20200120010859j:plain

  通常のマスクにガーゼを当てて鼻に当ててます。ジョギングはお休み。すぐに良くなるでしょう。昨日の学会の後引退宣言したら、いやいやまだまだ頑張ってくださいと励まされ、ちょい深酒でした。それじゃ!

心向棒の寸法

  今日は学会と懇親会なので工作は出来ません。つなぎのわだいです。

  多くの方はご存知とは思いますが、先従輪の心向棒の寸法は公式があります。30年以上も前に、簡単な幾何学で独自にこの式を導きだした時には得意満面でしたが、実際にはTMS302号になかお氏がきちんと記載されていました。その数式を「工作本」にも掲載するつもりでしたが、ミスがあり掲載を漏らしてしまいました。旧い記事なので、恐らく無断引用はお咎め無しと勝手に判断し、引用させていただきます。問題があればすぐに削除します。だって、この図が一番わかりやすいのです。

f:id:konno_sendai:20200118161522p:plain

  なかお氏の記載では、模型ではわずかに短い方が良いでしょうとの事でした。

  本機ではaが46ミリ、bが30ミリなので理論的には21.5となりましたので、21ミリで行こうと思います。模型機関車の設計では忘れてはならない式なので、ここにお示ししました。では、学会に・・・・・。

米国型モーガルを作る(5)ドームを作ってみるが・・・

  スチームドームは外径12ミリ、ボイラーは18ミリですので、かなり湾曲が強くなります。叩き出しで出来るのか?というトライアルですが・・・。

  ボイラー部分を旋盤で作ります。これに当てて整形する予定。

f:id:konno_sendai:20200118120417j:plain

  裾のカーブを削るバイト。

f:id:konno_sendai:20200118120443j:plain

  ラッパを作ります。

f:id:konno_sendai:20200118120506j:plain

  センターのネジ部分をハンダ付けして鈍します。

f:id:konno_sendai:20200118120545j:plain

  叩き出しは見事に失敗しました。

f:id:konno_sendai:20200118120615j:plain

  この作り方では、上から見た時に楕円になります。やはりドームはドーム上手く行かないな。別な方法で再度トライです。

  ジョギングは本当に軽めで、27分11秒。明日は学会の発表です。

米国型モーガルを作る(4)シリンダーブロックの設計、そして・・・

  C2の下廻りにどのようにシリンダーブロックを設けるかが課題でした。フロントビームと一体にする必要もあります。大体こんなものかなというのが出来ました。今回のキットでは、エコーの製品を参考に、シリンダーブロックは二分割にして、左右をビス留めする方式を予定します。こうすれば、微妙な調整が可能ですので。

f:id:konno_sendai:20200117010938j:plain

  右上の真鍮棒はドームの原型を作る為の材料。明日から作りますよ。

  ジョギングは25分9秒。どうしても25分を切れません。悔しいなあ・・。

  あ、ポーターのキットですがあと21セットありました。ご注文お待ちしていますよ。

米国型モーガルを作る(3)設計進む

  8550タイプですのでスケネクですね。設計を進めると新しいことがわかってきました。一番驚いたのは先台車のスプラッシャー。これは7950にもあることは知っていましたが、8550にもあるのですね。これをつくるのが現実的ではないかも知れません。それとスチームドームがやたらデカイ。予定していたエコーモデルのものより遥かに太いので困ってしまいました。現状ではエコーのパーツで纏めてみるつもりです。

f:id:konno_sendai:20200116011848j:plain

  ジョギングは26分13秒の平凡なタイム。でも今日は歩数を計測しました。すると4700歩程度走っていました。一歩80cmとして、まあ4キロ弱走ってます。寒いです。でも暖冬ですけれど。だって去年は路面が凍結して走れない事が多々ありました。

どんと祭

  コンは神社総代にして甘酒担当。一升瓶10本分の甘酒をお湯で二倍に割って、暖めて参拝者に配ります。ところが10本目を仕込んだ所で、例の嫌な仕事が2件も舞い込み、それでも打ち上げには間に合いました。どんと祭はお正月を送る行事ですが、季節感があり、冬の風物詩として好みの行事です。  

  で、ジョギングも工作も休みですが、オークションで気になるものがありました。

page.auctions.yahoo.co.jp  果たしていくらで落札されるのか心配でしたが、どうやら販売価格を上回りました。このキット、実はあと20くらいあるのです。もしご希望があればメイルでお申し込みいただければ頒布しますよ。