昇仙峡

  しかしせっかく甲府まで来て、昇仙峡を訪れないのはいかがなものかというご意見で、宿を早めに出て、渓谷美日本一の昇仙峡に向かいました。

  仙娥滝はものすごい迫力。

  聳え立つ覚円峰はものすごい崖で圧倒的!

  すごい峡谷です。

  そして、何と善光寺詣も!

  ここにもピンズル尊者がいました。

  そしてお戒壇廻りもしました。真っ暗闇を手探りで進むと、目のまえに落とし穴があったり、柱があったりする妄想にかられて進めなくなります。本当は全くの平らな通路なのですが、暗闇ゆえさまざまな妄想が湧き出てきますが、全ては妄想だと悟ることができる頃に、薄明かりが見えて出口へ出ます。これで生まれ変わることができるそうです。何か本当にそんな感じがしました。煩悩を除去するのには良い経験でした。

  かくして夕刻には仙台へ帰還。明日は忙しくなりそうだなぁ。

  旅行記におつきあいありがとうございました。明日から、平常運転に戻ります。

下は散々なことに

  朝は晴れていました。瑞牆(みずがき)山が綺麗に見え、八ヶ岳も望まれます。

  しかし、ここからお天気は崩れ、再び金峰山の山頂に登りましたがオールガス(山言葉で霧の中ということ)。やむなく降り始めましたが、小雨となり、岩が滑るのを慎重に降ったため心労が夥しく、12時には下山できたものの、疲労困憊となりました。1時には峠に迎えのタクシーが到着して一段落。その後ゆっくりと石和(いさわ)温泉の宿に向かい、一風呂とビールでバタンキューとなりました。

五丈岩

  大弛(おおだるみ)峠から金峰山に向かいます。快晴ではないですが薄曇り。中途の朝日岳金峰山のシンボル五丈岩が見えました。

  賽の河原からの眺めも悪くない。

  無事山頂制覇!

  この岩は人工物ではないと思いますが、自然にできたものにしては形が整いすぎてます。

  というわけで、無事金峰山小屋に辿り着いてやれやれ・・・。(続く)

出発だ〜〜

  今夜仙台を発って甲府まで。明日早朝から登山口に向かいます。帰還は月曜日なので、しばしブログはお休みです。お天気はどうかな?少しでも晴れ間があれば良しとします。では、行ってきま〜す。

駿遠B15(18)合併梃子

  結びリンクは別な方法で作ります。寸法チェックで合併梃子を。

  いつもワルシャートでわからないのが結びリンクと合併梃子の働き。バルブロッドの動きにどの様に関与しているのかまだ理解できません。わずかな動きをバルブロッドに与えていることはわかるのですがね。

  ジョギングはシューズを郵送したのでお休み。登山の天候は上向きです。念力だ〜〜〜。

駿遠B15(17)リンク作り2

  少しは良いけれど、まだまだだな。

  こんなものにいくら時間かければ良いのか?

  でもまあ、作り続ければ10作目くらいで良いものができるかも。

  ジョギングは雨でお休み。明後日には登山なので、登山前のジョギングは出来ないことになりました。梅雨の真っ最中だなぁ・・・。

駿遠B15(16)リンク作り1

  まあ腕はないのでいろいろ工夫するしかないな。今回はピンを刺して、それをガイドにして削る、切り込みを入れるをやってみました。リンク間隔は3ミリです。

  酷い造作ですが、慣れれば何とかなるかも。あのK氏は慣れれば1本20分とか言われていましたね。

  いざジョギングというタイミングで嫌な仕事が舞い込み、ジ・エンドでした。明日は、もう少しマシにします。