職場の慰安会

  1年半ぶりに職場での食事会となりました。自粛、自粛で抑圧されていた反動でしょうか、皆さんよく召し上がり予算は大幅にオーバー。コンも久しぶりで満足しました。したがって、いつもの就眠時刻より4時間も早く休みましたので、睡眠不足も解消、うん完全な慢性睡眠不足でした。また明日からがんばります。

動輪バンクから

  秋の集会に使う分を厳選して袋つめです。φ20は車軸を作っていただいたので、3軸9セット準備しました。

f:id:konno_sendai:20211015020933j:plain

f:id:konno_sendai:20211015020943j:plain

  この他、新しく製造したφ12、そして大量のφ11.5、さらに1000軸ちかくあるφ17.5なども袋つめしました。余談ですがシェイのべべル付きは600軸あります。

  そういうわけで、今日は11月の集会の準備でした。

  ジョギングは23分29秒。明日は慰安会で食事会となり工作はできないです。何かつなぎの話題を考えますね。ええ、工作本の続編の作業も怠りなく進めてます。

執筆に

  専念しました。重要な記事2本の仕上げで、集中しました。ジョギングも休みました。分担執筆の利点は共同作業のために個人の負担は小さいのですが、執筆者の思いというか個性がどうしても出てしまうので、編集会議で方針を決めてもどうしても執筆者の個性というか好みが出てしまう。そこまで直さなくても、と思ってもいやここはこうでなければ、ということになり、調整に介入することになります。最後は毅然として自分の方針を貫くしかないのですが、ずぼらな0型ですので、まあ良いんじゃない?と安易にしてしまいがち、難しいなぁ。

  さらに11月の会合。φ12動輪はクランクピンのネジ穴加工が必要で、少し進めました。

  現状はまさにドコービルの開発時と同じ。工作本の仕事でドコービルの仕事は後回しになり、数年かかりました。コッペルマレーは来年の軽便祭目標なので、どうしても優先順位が落ちてしまう、しかも仙台鉄道のCタンクなどにも心を奪われて、落ち着きのないおじいさんです。幸い体調は良いし、秋になりお酒も美味しいから良いか!

こっぺるマレーに挑戦(35)モックアップ完成

  毎日工作本の続編の記事をまとめています。工作時間は1時間足らずしかとれませんが、モックアップを作りました。デフォルメの効果はどうでしょうか?前作がややゴツい感じがしたので、やや小ぶりにまとめてみました。キャブの寸法はコッペル30HPとほぼ同じになってしまいます。これは乗工社のコッペルとも同じで、どうもこのサイズが決定版みたいです。

f:id:konno_sendai:20211013012407j:plain

  あとは下回りとのマッチングですが、何とかなるでしょう。二重屋根は検討中です。どういう構造が良いのか?古典客車にはたまにみられますよね。これも何とか模型化したいです。

  ジョギングは雨でお休み。2〜3日走って1日休みは良いペースです。明日はタイムを出すぞ〜〜。

画像なしです

  いくつかの依頼事項をすべて終わらせました。あとは旋盤の整備だけです。

  11月7日はKKCの2年ぶりの集会、というわけで招待状やら、販売アイテムの準備を始めています。

  ジョギングは爆走して23分13秒、しかしこの後がいけません。コッペルマレーの上周りは組むだけなのに、あーでもないこーでもないが始まり、とうとう組むことができませんでした。最大の問題は後部台車と上周りの連結なのです。これが解決すれば、ゴールは見えてきます。ところで、コッペルマレーの図面を見ると屋根が二重になっています。これは南方での使用で換気目的なのかなぁ。わからん!

  あ、仙台鉄道についてご興味のある方はご一報ください。成書ではガソリンカーなどが主でしたが、コッペル、協三、そして菊地製作所の蒸機が活躍していたそうです。その頃の資料が少しあります。どうして仙台鉄道はRMライブラリーに登場しないのでしょうか?コンは出版社に情報提供したのですがね。

オートポンチを作る

  工作本の続編ではDfさんが電子ライターを利用してオートポンチを作る方法が掲載されています。原稿を読んで見ましたが、なかなか難解で、作ってみようと思い立ちました。追試みたいなものです。

  ライターを分解して心臓部を取り出します。

f:id:konno_sendai:20211011011002j:plain

  金属のキャップを外して、着火装置部分(石など)をえぐりだし、外径が7ミリになるように角を落として、φ7でボーリングした本体に差し込みます。

f:id:konno_sendai:20211011011214j:plain

  キャツプ部分は3ピースで、キャップ、キャップ取り付けアダプター、そして本体です。アダプターはM8のネジを切るのですが、これが大変でした。

f:id:konno_sendai:20211011011408j:plain

  ポンチは古いカーバイトバーを例の方法で尖らせて作りました。これが、心臓部の白いプラの孔にドンピシャです。

f:id:konno_sendai:20211011011548j:plain

  あとは、押す部分を作れば完成。おもったより打撃は軽めで、小さなもののポンチングに使えそうです。ライターを利用してオートポンチを作るのはDfさんの得意技で、JALCO時代はDfさんが作ったオートポンチをみんな愛用していました。その後、その改良版として歯科用のマレットを利用した高級品が登場するのですが、技術さえあれば極めて安価に作れますので、お薦めですね。ただ、旋盤は必要です。

f:id:konno_sendai:20211011011948j:plain

  心臓部の造作と、キャップ取り付け部が少し難しいです。ここはネジでなくても固定しても良さそうです。え?2号機??ううむ、作ろうかな?

  ジョギングは脚が軽く24分1秒。どうしてこんなに違うのでしょうね?

こっぺるマレーに挑戦(34)側板の切り出し

  t 0.3から切り出しました。窓も抜きました。縁取りは0.2×0.5の洋白帯材。

f:id:konno_sendai:20211010013550j:plain

  今日は組み立てに至らず、ジョギングも雨で休みました。その代わり溜まっていた頼まれ仕事がかなり進みました。

  仙台鉄道については、既報を渉猟してみましたが、蒸機の写真は少なく、特にC103は自分が所有している画像以外では見当たりませんでした。コンにしては良いテーマだったかもしれません。協三の標準型ですが、サイドタンクが低くてナローらしい可愛さがあります。キットを作るにしても、何となく面倒臭いものになりそうです、きっと。