苦悩は続く・・・

  の前に、若いお客様。工房と展示室を案内しました。何か固まってしまいました(笑)。全自作の貨車を拝見しましたが、凄く上手!少なくともコンの同年代の技量と比べたら、月とスッポン。これからどんどん成長して欲しいです。孔あけはピンバイスだけだそうです。いずれボール盤をお世話しましょう。あまり褒め過ぎると何ですのでこの辺で。ハンダは奇麗に流れていました。

  さて、フレームのステイは0.4のスリットで、嵌め込む訳ですが、ロストで縮んだ分だけキツいのです。そこは押さえていて、太めの糸鋸でスリワリを修正するという解決法を考え、糸鋸の刃の厚みが0.4なのは5番なので5番を1グロス用意したのですが、・・・

f:id:konno_sendai:20190622090526j:plain

  何と0.45もあります。何デヤ!根元はt 0.4でした。つまり、公表されている刃の厚みは材料の厚みなのです。いわゆる「アサリ」が付加されますので、切ったときの厚みはもう少し広くなるのですね。わあ、これでスリットを修正したらガバガバです。困った!!

  とその時、神の声。「糸鋸のアサリをダイヤモンドヤスリで落とせば良くね?」

そうだ!刃を研磨して、材料の0.4に落とせば良かろうという事で、研磨。

f:id:konno_sendai:20190622090305j:plain

  研磨しすぎました。0.35になっちゃいました。

f:id:konno_sendai:20190622090432j:plain

  それでも、フレイムに嵌め込む事が出来、ここに2種類のフレイムの試作が出来ました。

f:id:konno_sendai:20190622124605j:plain

  車輪は作り直します。というのも、予定していたNの車輪の絶縁部分のシャフトがこうなっています。

f:id:konno_sendai:20190624012406j:plain

  POMの輪芯部分がずれないようにしてあるのですが、この車軸から絶縁車輪を抜き取ると、絶縁部分はかなりのダメージを負ってしまうわけです。事実、フレや緩みが発生しています。そういうわけで、Nの車輪利用は諦め、新製することにしました。もう準備していますが、新しい車輪については明日!

  ジョギングは26分54秒。疲れていたので27分台を覚悟していましたが、26分台で走れました。

  追伸:これ面白いです。

www.youtube.com